人気ブログランキング |

<   2015年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「青いパパイヤの香り」というフランス映画はお気に入りの一つ。
d0207297_15074487.jpg
これは録画をDVDにダビングしてあり、折に触れ静かで情感豊かな世界に浸るひと時は貴重だ。
フランス映画だけどベトナムが舞台。レトロで官能的ともいえる色彩豊かな世界が
静かに展開する。「静か」と二回も書いてしまったけれど
登場人物の台詞が極端に少なく、
主人公とともに大事な役柄の留学帰りの音楽家の男性など、ひとっ言も喋らない。
喋らないけど、彼のピアノが心情を物語る・・・・

ストーリーは敢えて伏せておくけれど、
ある時、彼が突然この曲を弾きだすのです。この曲の情念の深さ、激しさに圧倒されてしまった私は
タイトルを知りたくて片っ端から夫の残したCDを聴いてみたのでした。
でもそのままわからずじまいで、月日が経ってしまった。
d0207297_15081149.jpg

それがいつ頃だったかカーオーディオにダビングしてあったCDにこれが入っていてドキドキする。
何度も何度も繰り返して聞くうち
悔しかったこと、嫉妬や悲しみといった、押し殺してきた感情が一気に噴出した。
気が付くと泣きそうになっていた私。

ところが(^^;)
d0207297_15082658.jpg
若いころと違って歳とって人間的に丈夫(笑)になってきているのですね。
それでは、と楽譜をダウンロードしてプリントアウトし、弾き始めちゃったのです。
短い曲だけど速くてとてもインテンポでは弾けないし、
もともとピアノは習ったことがないので自己流だけど、時間はいくらでもあるし、いついつまでに、という縛りがないので気が楽。
とりあえず半分くらいまで来ています。残りの人生ずっとかかる予定です(笑)

ちなみに「夜想曲第一番変ロ短調」はなんとか弾けるようになりました!




by jmtravolta_johnta | 2015-10-30 15:11 | 映画。TV | Comments(0)

モノクロは雄弁

障害馬術をモノクロで撮られている佐藤玲さんという方の写真展を見てきた。どれも素敵なセンスあふれるものばかりでため息が出た。
それにしてもモノクロの雄弁さ、仲間内でモノクロにはまっている人は多いけれど、これ、わかるなあ。
で、
先日馬事公苑で撮ったもののいくつかをモノクロにしてみた。
ははは、人に影響されやすい私(^^;)


これ、好きなんだけどピントが甘くてプリントできない(涙)
d0207297_16120443.jpg
佐藤玲さんの写真に寝転んで撮ったの?とおもわせるようなアングルのもあり、その構図に脱帽です。わたしはやっとここまで↓(^^;)
d0207297_16113233.jpg
ピンクのイヤーネットの可愛い子もモノクロにすると印象が変わる
d0207297_16121923.jpg


by jmtravolta_johnta | 2015-10-27 19:41 | 写真 | Comments(2)
d0207297_09034380.jpg
「落ちても救われることがある」ってフォトコンのことなんです。
一度だして落ちたものが別のところで入ることがあるんですね。
冒頭の大鷲の写真はこの夏の秋田県展でおちたんですが、
このたび東北二科展で入選しました。
分からないものですね。
面白いですね(^^)

by jmtravolta_johnta | 2015-10-27 09:03 | 写真 | Comments(2)

EOS学園 馬撮影講座

10月10日の世田谷馬事公苑での実習です。
講師は明緒先生。
先生はモデル出身、と思っていたら、ちゃんと大学で写真のプロを目指した女性が、たまたまモデルに抜擢されたことがあったということらしい。素敵な方で気さくなお人柄も好感が持てました。
丁寧にカメラの設定や撮影場所の見つけ方、構図など細かいところまでしっかり教えていただけて、実り多い実習になりました。

当日は曇り空で暗かったけれど、ISOを上げることで対処。
このISO,6400でもプリントするとノイズがあまり気にならないことに気づきました。
実はこれまでパソコンでチェックした時。ISO3200以上のときのノイズが気に入らなかったのですが、
思い切ってプリントして見たらプリントではノイズが出てませんでした。
端正な黒鹿毛の綺麗なジャンプ 
d0207297_16564117.jpg
お~っと1反抗か!
d0207297_16574999.jpg
                   若い葦毛のきちんと折りたたんだ前脚!
d0207297_16554962.jpg
馬場馬術の演技かと思わせるこの見事に伸びた前脚。屈頭したうなじが綺麗。
d0207297_16591210.jpg
ピンクのイヤーネットつけてて可愛いけど仕事はきっちりこなします。
d0207297_16584166.jpg
見事な鬣
d0207297_09513511.jpg
後ろ振り向くと走路では二頭の芦毛ちゃんたちが調教中でした。
d0207297_09551502.jpg


by jmtravolta_johnta | 2015-10-25 21:43 | 写真 | Comments(0)
これは一般道。雨の日の渋滞
d0207297_8254435.jpg


10月12日の上りの関越道で夕方、35km、70分の渋滞と電光掲示板に出ていました。
11日12日と新潟で写真撮っての帰り道のことです。
私はNさんご夫妻の4WDに乗せてもらっての楽ちん旅。

で、渋滞です。遠くに渋滞らしい景色が見えてきたとき、ハンドルを握るNさんギアに手をかけスピードを落としましたが、どうやら周りのクルマ、全体でスピードダウンしているようで、ゆっくりだけどずっと流れています。
「いま、遅いようだけど50k出てるから、これで流れていけば全然大丈夫」とNさん。

渋滞ってスピード出して前の車に追いついちゃって止まる。
次々と追いついては止まる、の繰り返しでいわゆる「渋滞」になってしまうんですね。
みんなで車間距離とって、
止まっちゃわない様にぎりぎりまでスピードダウンしていいから、とにかく流れていければ渋滞って緩和できる。
なんだか整然と誇りを持って行進しているような、そんな
不思議な不思議な渋滞体験でした。

そういえばテレビで見たことがあります。
実験で渋滞緩和のクルマを一台車列に入れておくと緩和のクルマがない場合よりスムーズに流れるというのを。
だからたとえばまわりがその意識がなくても、自分が渋滞緩和の運転をしていれば自然と緩和できる、ということでしょうね。
Nさんはできるだけブレーキを踏まないでエンジンブレーキを使うためにギアを低速にいれるんだ、と言っていました。
私は坂道を降りるときにギアをSとかLとかにしていましたが、そういう使い方があると分かって、またお出かけしたくなりました(^^)
by jmtravolta_johnta | 2015-10-16 13:34 | 日常 | Comments(0)
d0207297_1844379.jpg
世界中で翻訳され、絶大な人気を博しているという村上春樹の小説。

だいぶ前に「ノルウェーの森」を読んで、孤独感溢れる叙述と静かでひんやりとした読後感が気に入っていた。

そのあとは推理小説にはまり、この人からは遠ざかっていたが
先日図書館で「多崎つくると色彩を持たない・・・」という長いタイトルの小説がすぐ借りられたので読んでみた。
やはり孤独感を描いているけれど、どうもこの主人公に共感が持てない。
いらっとするのだ。
いらっとする要素はいろいろあるけれど
知り合いの女性が殺されたのに交友関係にあるこの多崎つくるのもとに警察の聞き込みも来なかった、というところにウソっぽさを感じてしまった。

それでもここ何年かは毎年ノーベル文学賞の候補に挙がる。
イギリス人の女の子は「海辺のカフカ」が好き、とインタビューで答えていたので
それでは、と読んでみた。

私が頭固いからなのか?なんだか荒唐無稽で支離滅裂・・・訳が分からん・・・と頭抱えてしまう。
ファンタジーでシュールなのは我慢しよう。
それに音楽に関する薀蓄を作中の人物に語らせたり、身に着けているものがほとんどブランドものでおしゃれ、見た目すっきりの美男美女がでてくるのも構わない。
だけど
近親相姦みたいなことをさらりとなんだか清潔な感じで描いてしまえるのは作家の力かもしれないけれど、
やっぱり気持ち悪いし、
猫を何匹も生きたまま惨殺する人物の記述は目を覆わんばかりのリアルな描写で、
やっぱり気持ち悪い。
ナカタさんという結構重要な謎だらけの人物は
主人公との接点があるような思わせぶりな展開が続き、結局、この人が誰なのかが解明されることなく、全く謎だらけのまま眠ったまま死んでしまう。
何一つ
謎解きがないまま終わるから、釈然としない。欲求不満も募る。もっと言うとイラっとするのだ。

これが、ノーベル賞候補に挙がる人の作品なんだあ・・・・と
やっぱり首をひねってしまうのでした。

by jmtravolta_johnta | 2015-10-15 13:42 | | Comments(0)

焦る

「認知症予防」とか「下流老人」とか振り込め詐欺とか、毎日毎日ゆさぶりをかけてくるテレビ。
なんだか
「今のうちだぞ」
「時間はないぞ」と言われているようで
焦ってしまう。

また旅行のパンフレットを取り出している私。
「そっちかい!」って(^^;)?
d0207297_853958.jpg

by jmtravolta_johnta | 2015-10-03 08:06 | 日常 | Comments(0)

普通の毎日がありがたい・・・


by じょんたのおばあちゃん