カテゴリ:写真( 99 )

d0207297_12295650.jpg
モンゴルで撮った写真。
埼玉で所属しているクラブの先生には「色がイマイチ、人か鷲か狙いがわからない」と
辛いお点を頂いたけれど、
わたしとしては彩度をギリギリ下げて、空もギリギリ暗くしたのは意図的で、これでいいと思う。

一方、キャノンから派生したクラブのS先生は
プリント仕上げにこだわる。
色の調整が過ぎてしまった挙句トーンジャンプとかモアレが出ていたり、
あるいはトリミングしすぎて大伸ばしプリントに耐えられずにシャギーが出ている、
とかそう細部を厳しく指摘される。

わたしはトリミングの常習犯なのだけど
これまでの例ではシャギーを指摘するのに
ぱっと見全然わからない場合、写メに撮って拡大して「ほらモザイク状になってる」とか
底意地の悪さを感じてしまうこともあった。

この写真もそうだった。
つまり誰にも評価されない写真で応募したけど
これって認めてくれる選者に当たったということ。
ラッキー!って思わず叫んじゃうけど(笑)
たかが趣味なので自分なりのこだわりにはブレないでやっていこうと思う。
もちろん流石にシャギーが出るほどのトリミングは不味いよってわかってますから(笑







by jmtravolta_johnta | 2018-10-24 12:40 | 写真 | Comments(0)
6月2日、那須トレーニングファームでの障害飛越競技大会。
レベルはこれまでみた中でもかなり高いと思う。
馬も人も美しいし、人馬一体で飛越の瞬間は唸ってしまうくらい決まっていた。
だけどこの日、あちこち位置を変えアングルを変え、して撮ったはいいけど
ましなものは100枚に一枚あるかないか(涙)
あ〜あ(^^;)
d0207297_20324064.jpg
d0207297_09130152.jpg
d0207297_07403576.jpg


by jmtravolta_johnta | 2018-06-12 09:14 | 写真 | Comments(0)

二科展初入選の憂鬱

「押すなよ」の図(笑)
二科展とは無関係ですが


d0207297_14510057.jpg
新設されたアート部門には3枚応募して、
そのうちの一枚が入選内定した。実は3枚のうち既発表のものが含まれていてこれだと入選辞退に追い込まれるところだったけれど、
危うくセーフ(笑)。
だけど入ったのはあまり思い入れもなく、我ながら「どこがいいんだろう」と思えるような一枚で、
秋田の先輩が「これも入れとくと良いよ」と言ってくれた、
いわゆる「引き立て役」の一枚だった。
だから「入選したよ〜!!」って触れ回るのは憚られるのがジレンマの元凶。
これまで
仲間内で、あの人もこの人も二科に入った、
とかJPSに入ったとか聞くたびに羨望と嫉妬の入り混じった気持ちをやっとこさでいなしてきているから
自分が入れたならもっと嬉しいはずなのに。

どんな写真かというとアート部門だからレタッチはしているけれど、
ちょっと余計なものを消して少し傾けただけ、というレタッチの技術もクソもないのだ。
だけど仮に「見たこともない写真」から選ばれたとしたら、
それは実際「見たことがないから」で
現地に行って実際に見てきた人なら「なあんだ、あれか」と
一瞬のうちに「よくある写真」に分類してしまう筈だ。

だから審査員が「見たこともない」なら、審査員の経験と見識の浅さが
私の写真を選んじゃったことになるのです。なんて、上から目線で偉そうに(><;)
だからやっぱり繰り返しになるけど、
ちっとも嬉しくない(涙)
名誉でもなんでもないし。

それにしても憂鬱の最大の原因はボッタクリかい?
と思えるほどの高くつく費用。
展示料の13000円は東京都新美術館というどエライところに展示してくれるのだからまあ仕方ないか、
と諦めもつくけれどプリントとパネル仕立てを頼むと20000円とられる。
これ、地元の業者とかだと半額でお釣りがくるんですけど。

応募費用が一枚2000円、10枚出して返却費用も2000円含めて22000 円。
ここまでかかった費用がしめて55000円。

普段下らない物を衝動買いしてしまう癖に、こんなところで算盤弾いている自分も何だか情けない
あーあ。・°°・(>_<)・°°・。








by jmtravolta_johnta | 2018-05-07 15:56 | 写真 | Comments(0)

二科に入選内定だって!

内定写真ではありませんが。
d0207297_14010945.jpg

夜中に猫がゲホゲホ言い出して
うとうとするも激しい嘔吐の音で目が覚めたら
本棚の高いところから床に吐瀉物を撒き散らしてくれていた。
どうやらビニール袋を齧って飲み込んだらしい。
後始末ですっかり目が覚めてしまったけれど出してしまえばもう終わりなのでホッとした。
それから眠りについたらまさかの朝寝坊(^^;)

今日は牧之原の砂上の草競馬を取りに行く予定で
持ち物揃えて就寝したのに
8時に起きてちゃ、すぐに出発しても日が高くなってしまっての到着なので取りやめ。
あ〜あ

で目覚めのコーヒーを入れて、メールチェックする。
で、いきなり「おめでとうございます」のタイトル。
秋田県の二科会の会員の方からのメールでした。
あ、国際サロン展のことだろう。今頃知ってくれたのね・・・
と思った次の瞬間
アートフォト部門がどうのこうのと書いてあるから二科のことだとはすぐわかった。
つまり私の写真(アートフォト部門)が入選内定したということだった。
え??嘘?
内定??俄かには信じられない思いが強かった。
今年は10枚出して応募料が返却料含めて24000円もかかったので
こんなのアホらしいからもう今年でやめようと思っていた。
どうせ今年もやっぱり駄目だろうし、
と全く期待もしていなかったから驚きは大きい。

アートフォト部門というのは今年から設置された部門で
時代の流れに二科会も逆らえなかった、
というより合成加工写真を排除していては二科会離れが起きるとの認識が
内部で浸透しての事だろうと想像は容易い。
国展やJPS始め今の写真は合成加工ばっかりである。
うまいのはネイチャー風にも見せられる程技術の高いのもある。
雨を降らしたり雪を降らしたりはもう普通に出来ちゃう時代なのです。

冒頭の写真の雪は合成。実はこんな感じ(^^;)↓
d0207297_14054074.jpg


まだ私の元へ内定通知がこないのでどの写真が入ったんだろう・・・
しかし、こういう時誰かそばに居てくれたらどんなにいいだろうと思います。
嬉しくても膝小僧抱えて庭の雑草を眺めてるだけ・・・(笑)

で、この写真、
元はホワイトバランスや露出で失敗した眠い写真だけど↓
ピントが良いので捨てるに忍びず加工したというわけでした。
d0207297_14062039.jpg
楽しいですね〜
面白いですね〜

by jmtravolta_johnta | 2018-05-07 14:57 | 写真 | Comments(0)

4コマ漫画で(笑)

ゴミまみれの写真。
汚いけれど私には牛の目しか見えてない・・・(笑)

むしゃむしゃ、もぐもぐ💖
d0207297_08233861.jpg
ん!?
d0207297_08234453.jpg
おいこら!
d0207297_08234828.jpg

何撮ってんねん!!
d0207297_08235211.jpg


去年の春のインド旅行。
インドの市場であちこちで「朝ごはん(笑)」を漁る牛、
撮っててもう楽しくて楽しくて(^^)
そもそも
写真を撮る楽しみって、私の場合被写体を見つけた時点でほとんど完結してしまいます。
だから、時々撮るの忘れる(笑)。「あ、いけね、写真撮りにきたんだ」みたいな?
この時のレンズは広角ズーム(16−35mm)。古い型だけどぜんぜんオッケーです(^^)

by jmtravolta_johnta | 2018-03-28 08:36 | 写真 | Comments(0)
d0207297_04214451.jpg
ー「写真は男なのよ。あ、身体は女だけどね、わはは」
ー「私もです〜!!」
という会話を交わした相手は国際フォトサロンに8回も入選している凄いおば様。
3月24日、築地の朝日新聞本社で開催された
全日本写真連盟のフォトコン、国際フォトサロンの表彰式でのことです。
件の女性は
これまでお名前はあちこちで拝見していた方なのでどんな方かなあと思いつつ、の出会いでした。
ー「ふわっとやさしいもの、綺麗なものは撮りません」ともキッパリおっしゃって
ー「私もです(嬉)」。

この日は海外からの受賞者も列席、通訳付きで「国際」とつくだけあるな、と納得。
受賞者には審査員の田村先生、熊切先生そして安珠先生がプレゼンターです。
一人一人名前を言ってメダルを授与してくださるのですが、バングラデッシュとかミャンマーの方のお名前はカタカナでルビが振ってあっても読みづらいようで安珠先生はちゃんと読めてなくて失笑を買っていました。
(私だったら前もって口慣らししておくかも・・・って思った人多かったと思います。)

冒頭の私の写真は輓馬を撮ったもので、背景を処理しました。
このフォトコンは加工合成の力量を争う、という見方ができるくらいなんでもありなので、私のなど、そのいじり方なんてのは可愛いもんです(笑)。
審査員特別賞は3名の方が受賞されていますがそのうちの「夕日の桟橋」はとても好きな作品です。(下の写真)
ご本人にはサイン頂いちゃいました(^^)
ただどのような合成をされたかとかは流石に聞く勇気はありませんでした。あれこれ想像するしかないですね(^^;)
d0207297_04220536.jpg

いろんな方と出会えて、また発想の転換もでき、いいヒントを頂けた1日でした。
やっぱりこれからも「男らしい写真」、撮って行きます(笑)



by jmtravolta_johnta | 2018-03-26 04:28 | 写真 | Comments(0)



今日から所属する写真クラブの写真展が開催されます
私の二枚はどちらも自分の好きな写真です。
d0207297_07452766.jpg

                                「望郷」インドにて


もう一枚の方はミャンマーの僧院の宿舎。
あまり評価はしてもらえませんが
でも私的には傑作の一枚だと密かに思っています(^^;)
d0207297_09003511.jpg
                                     「憧憬」

場所はプラザノースギャラリー。さいたま市北区区役所のあるところです。


by jmtravolta_johnta | 2018-03-20 07:59 | 写真 | Comments(0)

グループ展終了



d0207297_08353209.jpg
11月7日から12日まで開催のCLUB LIGHT PARTYの第一回目の写真展が終了しました。
たくさんのご来場、ありがとうございました。
お客様には概ね好評だったようで
昨夜の打ち上げは盛り上がりました。


いやあ、写真は常に課題だらけで、永遠に合格点がもらえないかもしれないけれど
そこが面白いところです。
またこれからも頑張りたいと思います。
d0207297_08363341.jpg
d0207297_08372597.jpg

by jmtravolta_johnta | 2017-11-13 08:40 | 写真 | Comments(0)
今日からグループ展。メンバーが2枚ずつ出しています。(今日は準備のため午後3時オープンです)
d0207297_06575750.png
私は7日、8日、9日の午後会場にいる予定です。

池袋の駅近なので宜しかったらどうぞ、っていうか本当は是非来てくださいね(^^)

by jmtravolta_johnta | 2017-11-07 07:02 | 写真 | Comments(0)
プリントしていてどうもすっきりしないので
一からやり直してみた。合成はやめて、下の画像にNik cllectionのフィルターで印象を変えてみた。
どうかなあ・・・
d0207297_07394855.jpg

by jmtravolta_johnta | 2017-10-25 07:40 | 写真 | Comments(0)

普通の毎日がありがたい・・・


by じょんたのおばあちゃん