私は語学オタクね、きっと(笑

d0207297_16400209.jpg
自己実現の糸口を悶々と探る今日この頃、モンゴル語だけは面白い。
唯一楽しいと思える時間になってきている。
超覚えにくい単語を丸一日かかって覚えた時の達成感もある。
例えば
「太い眉」。どうでもいいような単語だけど「ウトゥグン フムスグって聞いてすぐに覚えられます?
これと同時にネズミ、これもどうでもいいのだけど「オゴトゥン」だと言われれば何を縁に覚えれば良いのか(涙)
だけど結局、言葉は言葉繰り返して唱えれば般若心経と同じで覚えられるのですね(^^;)

振り返って。
自己実現の糸口を探している時、
アマゾンビデオで「あん」という映画を見ました。
樹木希林さんが亡くなってテレビでも紹介されてた映画でした。

その中で希林さんが「この世に生まれたのは聞くため」と語る。
原作者のドリアン助川さんの哲学、というか思いなんですね。
「この世の中を見るため、聞くために生まれてきた、人の役に立つために生まれてきた訳ではない」
これ、今の私には涙が出るほどの癒しの言葉でした。
「人の役に立たなくてもいい」。つまり生きてるだけで意味がある、と。

・・・
そうか、写真に飽きちゃったなら飽きちゃったでそれでいいのよ、と希林さんに背中をさすられたような気がしたのです。
写真。
誰かに認めてもらうとか、もらわない、とかじゃなくて自分の生きる意味を投影していこうと思います。

私を惹きつけてやまないモンゴルという国。あの国で私を待ってくれている(であろう)羊と馬と牛。ついでにラクダとトナカイ(笑)。
語学オタクの私、モンゴル語に行き着いたのはそうなる運命だったのね、
やや詩人っぽく(笑)つぶやいてみました。ははは。





by jmtravolta_johnta | 2018-10-07 17:01 | 日常 | Comments(0)

普通の毎日がありがたい・・・


by じょんたのおばあちゃん