泣けた「ライオン 25年目のただいま」

d0207297_17081589.png



久しぶりに泣ける映画を見た。
「ライオン 25年目のただいま」
アマゾンプライムビデオの有料版。
例によって予備知識を一切入れないで見始める。実話に基づくというから興味は湧いた。
そしてインドが舞台、というのも惹かれるものが大きかった。
昔カルカッタと呼ばれた人口稠密なこの都市は秋に撮影旅行で行くことになっているから親しみさえ覚えた。
制作年がさほど古くないことも現実味があって、興味は増す一方。
d0207297_17083107.png

話はインドの北部の村で
貧困家庭の子供、サルーという少年(5歳)が来る日も来る日も食べ物を得る得るため
村でささやかな働きをして駄賃をもらう、という暮らしをしている。
ある日兄と駅に「(乗客の落し物を漁るという)仕事」に出かけたサルーはベンチで眠ってしまい、起きて兄を探すも見つからず、もしやと汽車に乗って探そうとする。
ここから彼の運命が思いもよらない方向に展開する。

それは回送列車で


呼べど叫べど助けは来ない。
その無人状態のまま1600km離れたカルカッタに着いた。
街はベンガル語を話した。彼はヒンディー語しか知らず、
まして5歳で自分の母の名前や住所など言えるわけはなく
路上で過ごす日が続いた後孤児院に送られる
そこで養子縁組を求めるオーストラリア人夫妻に話がまとまり、オーストラリア人として成長する。

25年経ち成人してからも自分の出自を問い続けた彼が
ふとしたことがきっかけで元の家族への思いを断ち切れなくて悩みだす。
養父母は彼に深い愛情を注いで育ててくれた優れた人格の人達であったからこそ
なおさら郷土への思いはジレンマとなる。
d0207297_17083496.png
                       ( 町で売っている焼き菓子。
                        兄チャンに買って、と言っても「また今度な」
                        「僕、大人になったらいっぱい買うんだー!」とサルー。この焼き菓子は伏線になります。)

そこで「Google Earth」を使ってみれば?というサルーの仲間のアドバイス。
列車の平均速度に乗っていた日数をかければおよその距離がで出るし。
そこで覚えていることをヒントに絞って行く・・・。
今やパソコンやSNSの時代。
なんども挫折したものの結局
住んでいた村を特定するに至る。
d0207297_16444710.png
この辺り、昔よく見ていた鉄塔とかが出てきて、
パソコンに向かって大きく見開いた目から涙がこぼれ落ちる時
こちらも涙が出ます。

で、25年ぶりに故郷の土を踏み、もしや息子が帰ったらと考えて同じところに住み続けた母に再開する。

とあらすじを書いてしまうと奇跡の物語、おとぎ話になってしまうけれど、
これはいくつもの奇跡が輻輳して起きた奇跡の物語、だと思う。

少年が育った家族の存在が大きいと思う。
毎日空きっ腹を抱えていても乏しい糧を分け合って食べる兄弟。
笑顔が優しい母。慈愛に満ちた母。
少年は兄ちゃんたちを慕い、母を慕い、妹を可愛がる優しい子だった。
食べ物はなくても愛されて育ったため彼が人に愛される性格に育ったと言うことが大きい。
これポイントだと思う。

そしてその次、次、ではなく
これも大きなポイント。サルーを養子にしたオーストラリア人夫妻。
この人達が篤志家であったこと。

そしてGoogle Earth.
これもなくては実現しなかった。

GoogleEarthの時代だったことと篤志家の養父母は彼の幸運だったと思うけれど
5歳まで暮らした家族の存在は一番大きいと思う。
愛し愛される家族、と書くと芝居がかってくるけれど
ひとを作るものはこれだとつくづく思う。

ストリートチルドレンの問題や違法児童労働など問題視するのは
外から見るからであって
何も手を差し伸べることなく批判だけするのは容易いし、これは無責任でもあり、
何も出来ない自分が情けない気もする。

去年のムンバイで見た雑踏に居た
ストリートチルドレンに近い子供達に今更ながら思いを馳せてしまう。

アマゾンの映画は有料で二日間限定で、もう見れなくなったので
本を買って読み始めた。
(子供用バージョンの簡単な英語ですが^^;)
d0207297_08010407.jpg












by jmtravolta_johnta | 2018-08-01 08:07 | 映画。TV | Comments(0)

普通の毎日がありがたい・・・


by じょんたのおばあちゃん