チャグチャグ馬コ 人と馬の心が通い合う

 
d0207297_12163869.jpg
6月11日、盛岡のチャグチャグ馬コを見てきました。

例によってあまり予備知識を準備しないで、前日に盛岡入り。
当日、行列の出発は9時半ですが、準備段階を撮りたくて7時発のシャトルバスに乗り込みました。
到着した鬼越蒼前神社は「馬だらけ」。この嬉しい景色にワクワクして夢中でシャッターを切りました。

写真を整理していて、だんだん胸が熱くなるのを覚えます。撮る時は気づかなかった人の表情、馬の表情、仔馬の仕草がいろんなことを語りかけてくれるのです。


到着したばかりの馬運車。衣装を整える順番待ち?
d0207297_08004992.jpg
重種ですからこの迫力。首の太さ見てください。
後で聞いたところによると帯広のばんえい競馬の人気者のミルキーが来ていたそうなんですが、あのでかいミルキーも多分ここではそれほど目立たないでしょう(^^;)
d0207297_10183705.jpg
親子で来ています。
d0207297_08003945.jpg

馬に衣装をつけています。
d0207297_08002771.jpg
「ほらほら、動かないで。」
子供の頃、お祭りで着物を着せてもらう時を思い出しました。
樟脳のにおいがツンとして、それがなんか特別感がありました。
d0207297_10184871.jpg
ここの準備場所は神社の外れにあり、
馬運車や気の早い見物客(人のこと言えない^^;)などでごった返しています。
気がつくとすぐ後ろを馬が通ったりもします。
でも誰も「馬の後ろを通らないで」とかうるさく言わないのです。
見物の人、それぞれがわきまえている、というのでしょうか。
静かに準備が進んでいる、という印象です。
d0207297_08503049.jpg
お母さんのメンコをいたずらする子発見(^^)/
d0207297_10482928.jpg

仔馬が結構いたのでそばにいた地元の人に
「お母さんから離れられないんですね」というと
「そうじゃなくて、お母さんなのよ。
お母さんが仔馬の姿が見えないと落ち着かない。」と言うのを聞いて、
思わず涙目になりそうになりました。無理やり仔馬と引き離さない馬主さんたちの思いにも感動する私。

待機中にメンコがずれちゃった。
d0207297_10494964.jpg
こちらはキリッと待機中。
d0207297_10490613.jpg
出発前にお祓いをしてもらいます。この時、私の左となりには某有名カメラマンがいらっしゃいました。お仕事中につき声かけは遠慮しましたが(^^;)
d0207297_10522854.jpg

何か馬がジタバタしているようです。でも大騒ぎにはなりません。
こちらの人は「馬を驚かさないように」というのは
体に染みついている、のかもしれません。
d0207297_10485556.jpg
「ぼく がんばる。」いよいよ出発です。
凛々しいですね。どちらも(^^)
d0207297_10505844.jpg
女の子も乗ります。
それでなくてもデカイお馬さんに小さなお子さんが乗ると
まるで大木にセミが止まっているような可愛らしさ(^^)
d0207297_08014161.jpg

仔馬もちょっと飾り付けしてもらってお母さんの後に着きます。滝沢市のこの神社から4時間かけて13kmを行進。盛岡市の八幡宮目指します。途中で休憩が入るそうです。

d0207297_08050842.jpg
田んぼを前景に入れて撮るなら、
出発前に先回りしてそのポイントでスタンバッてる必要があります。
私は間に合いませんでしたが、後悔はしていません。


先回りして盛岡駅前で待ちます。行列の先頭は滝沢市長さん。
d0207297_08054629.jpg
ほら、ちゃあんと仔馬も頑張ってる。
d0207297_08052041.jpg
この日は気温30度近くまで上がったから4時間の炎天下は大変だったと思います。
d0207297_10563507.jpg
馬は80頭足らずとか、昔は倍ほどいたらしいのですが、減っているとのこと。
たとえ減ったとしても存続してほしいものです。


今回は初めての見物だったのですが、都会のイベントと違ってうるさい規制とか不必要な貼り紙や過剰な注意書きがなくてスッキリとした景色とあれだけの人や馬でごった返しているのに静かに静かに繰り広げられる光景に感動しました。行列の最後尾には水色のゴミ収集車が2台、ひまわりの絵が入ったブルーのポロシャツを着たスタッフが馬の落し物をキビキビ回収していて、
とてもきちんとオーガナイズされているという印象がありました。

「馬と人の心の通い合い」の感動の余韻を味わいつつ帰途に着きました。
冒頭の写真で、青草を差し出す男性の穏やかな眼差しも
この日の感動の一部になっています。

d0207297_10565748.jpg



Commented by すぎてっく at 2016-06-15 23:05 x
感動の、おすそ分けありがとうございます。
僕も、残り少ない人生で、一度でいいから、
チャグチャグ馬っ子、生で、見てみたい。
岩手も、何度も行ってますがまだ一度も機会がありません。
仔馬の表情も、いいし母馬の飾りも、いい。
そして、引き手の、衣装も素敵です。
人と馬の信頼関係も感動ものですね。
下北の尻屋崎の寒立馬も、忘れられない。
チャグチャグ馬っ子のような祭りは続いてほしい祭りです。
全国どこへ行ってもヨサコイ何とか祭りは、人集めだけの
つまらない祭りは、もういい。
Commented by jmtravolta_johnta at 2016-06-16 07:33
> すぎてっくさん
コメントありがとうございます。あれから数日経ちますが、写真整理していて、人の眼差しが優しかったり、人の手が優しく馬を触っていたりするのを発見し、いいものを見せてもらえたという感動があとからあとから湧いてきます。この感動を分かっていただけて嬉しいです。ありがごうございます。
by jmtravolta_johnta | 2016-06-14 12:08 | | Comments(2)

普通の毎日がありがたい・・・


by じょんたのおばあちゃん