人気ブログランキング |

ジャック・ラッセル・テロリスト(--;)?

お台場で見かけて撮らせていただいた一枚。気が強そうなところもとても可愛い子でした。 
d0207297_13563626.jpg
いま頭の中いっぱいなのがこの愛くるしいワンコ。

最近テレビなどでもよく見かけるし、間違いなく愛くるしい顔をしているし、散歩でもこの子に会う頻度は確実に高くなってきている。

ペットショップの展示ケースに張り付いてみている子供たちに混じって、私も「欲しい」オーラ全開で見守る。

ところが。

ネットで調べたら、飼い難い犬種のナンバーワンコなんだったんですね。
検索するといろいろヒットするけれどどれもこれも
「あの愛くるしい見かけに騙されてはいけない」とか
「大型犬並みの体力とキツネ狩りのために攻撃的な資質を選んで交配を繰り返してできた犬種」
キツネを食い殺すくらいの体力と攻撃性を持っているのだと。とにかく運動量が半端無いと。
「凶暴ともいえる気質から『ジャック・ラッセル・テロリスト』と愛着をこめて呼ぶ人もいる」
・・・・・
更に「手に負えなくなって保健所に持ち込まれる犬のナンバーワン」とくれば
これはもう安易に繁殖させて販売を続ける売り手の無責任さを糾弾するしかない。
他人に怪我させてしまったらもうアウトですもんね。
ワンコ本人は本当は狐を噛んだりしたかっただけなのに、と不本意でしょうし。

知らなかったなあ・・・・・・
「飼ってはいけない」という本を書いたひともいるらしい。
またいろいろブログにヒットしたので読んでみるとどれも同じ苦労を訴えている。
とにかく噛む、吠える。
ジャックラッセルに限ったことではなく、どの犬種も
個体差や出生後親兄弟とどのくらい長く居られたかで社会性が培われるらしく、
それがないと本気で噛むらしい。
だけどペットショップは生後できるだけ早いうちに、
つまり「可愛い赤ちゃん」のうちに店にならべる。
だから
ペットショップで初めてこの子に出会いその愛らしさにイチコロ
何の予備知識もなく連れ帰っちゃったという人はかなりいるらしい。
あとは「こんなはずではなかった」という後日談が待っている?

私もペット可のマンションだったら、危なかった。
でもね、人の子一人育てる程度の困難さを覚悟していれば大丈夫かもと思うし・・・
田舎の古い空き家はないものかとスマホで検索しながら眠りに落ちる日々な私です。
飼えませんが(^^;)

追記
ビーグル犬も飼い難い犬の筆頭らしくて
保健所に持ち込まれる犬種の一位、二位をジャックラッセルと争っているという。
テレビを見ているとペットがよく出てくるけれど、
「動物の赤ちゃん」の可愛さを強調するだけの番組は無責任!
飼い難い犬種とか、犬の問題行動の治し方とかの啓蒙番組も必要だと思う。
そしてペットショップで売れ残った子の行く末、とかも広く知らしめてほしい。
酷い現実を知らない、ということは同罪なので。

保健所に持ち込まれる前にニンゲンの教育が必要!!と声を大にして言いたいです。
NHKでキチンと取り組む予定はないのかしら・・・
(うちは飼えないけど・・・)


トラックバックURL : https://mamijohnta.exblog.jp/tb/21634746
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jmtravolta_johnta | 2015-03-16 17:19 | 日常 | Trackback | Comments(0)