ミルクが釧路へ行っちゃう前に(;;)ホッキョクグマ追っかけの私

d0207297_21374793.jpg
いくらでも愉快なキャプションを考え付きそうなこの写真ですが。数日後に別れの日が来ると知っているので、つい涙腺がゆるんでしまう・・・

1月25日、男鹿半島の先端にあるGAO,男鹿水族館に行ってきました。
遠いです。クルマを使わないとするといろんな経路が考えられるけどどれもこれもかなり時間かかります。札幌の円山動物園のほうが利便性は良いです。
と書くとなんのこっちゃ?と思われますね?

実はホッキョクグマに魅せられていて
孫のことを思い出さない日はあってもクルミ、ミルクというこの親子はGAOのブログを通じて日に何度もチェックしてる始末。

GAOには「豪太」とクルミ、ミルク母子とホッキョクグマが3頭居て、ミルク(女の子、一歳)が30日に釧路動物園へ移動することが決まっています。そのため一般展示は26日まで、その26日にお別れ会(壮行会)が行われるのです。
釧路動物園は空港からタクシーで11分、らしく、「近っ」と叫んでしまうくらいのアクセスの良さなので
お引越しが済んでからミルクに会いに行けばいいや、と思いました。その一方で親子の姿はもう今しか見られないんだ・・・と思うともういても立ってもいられず、結局ぎりぎりに近い25日に決行となったのでした。

この日は暖かくて雪はすっかり溶けた状態。なのでミルクはやっぱり茶熊状態で何やらもくもく遊んでいます。
ホッキョクグマがこれほどおもちゃを使って遊ぶものだとは知りませんでした。
まるで中に人が入っているような、というか、2,3歳の子供がおもちゃを使って遊ぶようなそんな愛くるしさで見てるヒトはみな笑顔です。
おもちゃは日によってポリタンクだったり何種類かのブイだったり、ガス管やホースなど。
形や触感が違うものを自分で趣向を考えながら遊ぶ様子から知能の高さがわかります。

ホッキョクグマは他の動物園でも見られるのですが、
私が、(わたしだけじゃありませんが)感動するのは
母クマのクルミが初産にもかかわらず見事に子育てをやってのけたこと。

出産直後に赤外線カメラで飼育員さんが確認したのは
「クルミが寝返り打つ時はミルクを咥えて安全なスペースに移してから寝返り打って再び抱き寄せる」映像。
我が子を圧死させてしまったり、はたまた育児放棄などは珍しいことではありません。
それでなくてもホッキョクグマは数を減らしていて、繁殖は大きな課題だそうです。
だから産まれた、というだけでは安心はできなくて、ちゃんと育つまで気は抜けません。
(和歌山のほうではそのため人工哺育を前提に出産させるということもやっているようです。)

それに
例えば、ホッキョクグマ、金づちじゃ困りますよね。でも最初は誰だって水が怖い。ホッキョクグマも例外ではありません。
徐々に水に馴れさせていくのですが、まだ水が怖い時期に20センチの水深のプールに落ちたときはクルミ母さんは急いで助けます。無理強いしないんですね。プールのある展示場に移ってからも、水に落ちたコグマを飛び込んで助ける、という映像がユーチューブで見られますし、泳げるようになったときの映像を見てると涙が出ますよ。クルミがくれる感動の涙です。

とにかく毎日毎日このホッキョクグマ親子に私の頭、ハイジャックじゃなくてシロクマジャック(^^)されちゃってて、
おかげで心患うことが結構あったこのところの一、二年ずいぶん癒されたし、勇気や元気を貰えました。
そのクルミルク親子の一年ですが、ここに書き写すという愚は避けたいし、そもそも無理なので是非「GAOっとブログ」にアクセスしてみてください。とても楽しいブログです。

で、話が戻って
30日にミルクは釧路に移送されます。たくさんのオモチャといっしょ、らしいです(うるうる)。
おや、母さんはいっしょじゃないの?とか
あら、今日はうちの子姿見えないわね、どうしたのかしら?とか双方不安になって、そして喪失感に襲われるんだろうな、辛いだろうな・・・とどうしても人に引き比べて考えてしまう。

しかし、ひにちぐすり、ってあるように徐々に気持ちを立て直すことができてきた私、
どんな生き物にもつきもののこういった試練、試練とは呼べないほどかもしれない試練ですが、これを乗り越えて喜びに変えるのは人としての英知なんだろうな、と御大層な言葉を借りて自分を励ましています。


釧路動物園はそもそもクルミ母さんが生まれ育った実家です。大事なクルミを男鹿水族館に送り出してくださったところへ里子にでるミルク姫。クルミ母さんに瓜二つの美人コグマが大歓迎を受けて愛される日々は想像に難くないというもんです。

今は「GAOっとブログ」でお仲間になれたみなさんや釧路のみなさん方とともに
無事に移送されることを願い、釧路で一般公開されるのを待ちたいと思います。

d0207297_21385852.jpg
d0207297_21394781.jpg
多くのファン、中にはちびっこがペンを握って書いたんだろなというのもある寄せ書き。
ズラリとならびます。私も当然書き込みました。
d0207297_21401143.jpg
d0207297_21403488.jpg
くまの手観察窓、ガラスを通してですが約一メートルの距離まで近づいた瞬間。ラッキーでした(^^)
d0207297_2141652.jpg
親子見分け付きにくいけど
d0207297_21424153.jpg
一緒に並べると
d0207297_21412672.jpg
とにかく元気いっぱいに育ってます。短い脚も可愛い
d0207297_11262090.jpg
d0207297_21415999.jpg
あらあら、まあまあ、・・・・可愛い~!!ウン〇ングスタイルまで可愛いんです。お客さんの顔を見上げてました。
d0207297_8522857.jpg
d0207297_9234823.jpg
お父さんの豪太。GAOのアイドルです。
d0207297_9251269.jpg

ペンギンの展示方法はよその水族館と較べてとてもいいと思いました。泳いでいるのを目の前で見られるし、ここの子たち、人に興味津々で近寄ってきてくれる。水が綺麗なのも見やすい一因でしょう。
d0207297_1155272.jpg
ペンギン達、固体別にキャラクター紹介されていて、いやあ、なかなか飽きさせません(^^)
d0207297_11554913.jpg

水が綺麗なのは海に近い、というより岸辺という立地条件もあるのでしょうか?レストランからのオーシャンビューです
d0207297_11585342.jpg

お昼はレストランで。ミックスピザ、チーズたっぷりで大満足。もちろんシロクマカフェセットも注文しましたよ。おまけのカードはラミネート加工されてる!嬉しいですね。
d0207297_11523828.jpg

今回乗った列車
d0207297_1127188.jpg
スーパーこまち
d0207297_11272932.jpg

Commented by すぎてっく at 2018-01-29 14:21 x
GAOの、クルミが、28日、亡くなりました。

もう一度、会いたかった。

Commented by jmtravolta_johnta at 2018-01-29 20:16
> すぎてっくさん
夕方、GAOのブログを見て知りました。涙が止まりません。
悲しいですね
もう一度会いたかったです。
by jmtravolta_johnta | 2014-01-26 21:38 | ホッキョクグマ | Comments(2)

普通の毎日がありがたい・・・


by じょんたのおばあちゃん