EOS学園 ズーラシアで撮影実習

オカピは眉目秀麗。
d0207297_19144813.jpg
昨日のことです。
日曜日とあってある程度覚悟してたけれど上野の日曜日と違って、ここは広いのでさほど混み混み感なしでした。はしゃぎまわる遠足の幼稚園児に押し合いへし合いということはなく、各幼児にはそれぞれ保護者が付き添っているため、かえって静かに好きな動物の前で粘ることができました。

二週間ほど前に一人で出かけて初ズーラシア体験をしてあったのでその「予習」を踏まえての実習です。
狙いはシロクマとトラ。広いのであまりまめに動き回るとへとへとに疲れてしまうのでピンポイント作戦に出たわけです。
このたび初めて一脚を使ってみることにしました。付属の「ベルトポケット」を使うと短いままで長いレンズを付けたカメラの重さを体全体で支えるため、腕への負担が軽減されてとても具合がいいですね。
でも一脚をこういう風に使っている人見たことがないのは、たぶん三脚の代わりのブレ防止というコンセプトがあるからなんでしょうか?
で、シロクマさん。11時半のもぐもぐタイムのちょっと前に着いたら、二頭ともそわそわしてるんですよ。飼育係のお姉さんが準備に取り掛かっているのを待ちきれない感じでうろうろしながら首をのばしたり、立ち上がってみたり。
もういろんなポーズをしてくれちゃうので嬉しい悲鳴を上げつつもちょっと大変。高速連写も使ったけれど、これはピントが難しいです。
もぐもぐタイムが始まるとダイブして魚やリンゴをキャッチし、水から上がるとぶるぶると水滴を振り落すのを何度も狙いました。
ピントはやはり難しい。

ところで、ここの雌のシロクマは砥部動物園のピースちゃんのお母さんだということで、テレビでみたピースちゃんのことを思い出し、育児放棄したという子だけどそれなりの事情があったんだろうと勝手に解釈してしまいました。
野生だとそういうことはないでしょうからね。

お姉さん、早く投げて~
d0207297_19174350.jpg


ぶるぶる
d0207297_19162930.jpg


これ、大好き、ついアライグマ風になっちゃうのです。
d0207297_191716.jpg


トラはたくさん撮ったけどありふれた絵しかとれなくて残念。延々と眠りこけるトラにため息ついてたとき、若いカップルが横にいて眠りこけるトラを指さして、「ホームセンターのペットコーナー、この時間行くとみんな寝てるんだよ」と男性が言ったので「そうなんですか?」と思わず聞いてしまった(笑)
ふふふ。眠りこけるホームセンターの猫と比較されてる(^^)


ジャングルで鉢合わせるとこんな感じ?アクリル板越しなのが悔しい。
d0207297_1920283.jpg


面白かったのは「オセロット」という猫科の前で粘ってた時。
「あ、チーターだ」とか「豹がいるよ」とか・・・ちゃんと「オセロット」って書いてあるのに。
「ジャガーかな」とか、果てにはしゃぶっていた指をチュパッとぬいた赤ちゃんが「にゃんにゃん」と
きっぱり一言(笑)
夫が生きていたとしてこういう場に居合わせたら絶対面白がったはずだ、などと動物園は見物客を見てても楽しめるからほんと楽しい。

オセロット。割と小さい。
d0207297_2173920.jpg


こちらはウンピョウ。英語名から見てたぶん「雲豹」のこと。
d0207297_19223084.jpg
d0207297_1923265.jpg


話が後先するけれど昨日は9時半の開園前に到着したら開園を待つ人の行列の横に和種と思しき馬がいて「お仕事」していた。人参を買ってもらって食べてあげる、というのが「お仕事」だけど大人しく受付の人と並んで立っているのが可愛かったです。
d0207297_19205515.jpg

ズーラシアは遠いけれどクルマだと行きやすいのでまた出かけたいです。
by jmtravolta_johnta | 2013-03-18 19:12 | 写真 | Comments(0)

普通の毎日がありがたい・・・


by じょんたのおばあちゃん