人気ブログランキング |

幸せだなあ♪

120131
昨日、息子のところの5歳の長女、はーちゃんと(36歳の)息子がインフルエンザで寝込んだので
生活支援(^^;)に駆けつけた。

熱を測るまでもなく見てれば下ったのか、上がったのか分かる。
口数と表情が体温計より分かりやすい。
午前中は一緒に寝転んで絵本を読んでやったり、なぞなぞごっこをしたりしたが
午後からは熱があがったので静かに過ごし、ママが仕事から帰るのを待った。
体調が悪いときは誰よりもママの顔で安心する幼子。
2歳の妹がまだ保育園にいるので、ママを独り占めに出来る至福の時だ。

そして今朝。
私は眼科に予約があったのでその後息子のところに行くことになっていた。
眼科での視野検査が終わったときはーちゃんから電話。
どうも待ちわびてくれている様子。
「食べたいものある?買ってからすぐに行くね」と電話をきり、
息子のところに着いたら昨日と打って変わって元気なはーちゃんが出てきた。

エコバッグの「早たたみゲーム」でしばし遊んだ後、
おなかすいた、というのでおうどん作った。
はーちゃんも手を洗って、お手伝いしてもらう。
ほうれん草を切ったり、卵を割って溶いて、おつゆに流しいれる。

嬉しそうにニコニコしてやってくれる。
おわんに注いでやると
食べながら「おいしい」という。

そのあと、これ、といって渡してくれたのが空のタッパ。
年末にうちに来たとき、子供たちに栗きんとんを持って帰らせたのだが
その容器が空になったので持ってかえってね、という。
「おばあちゃん・・・・栗きんとん、美味しかった」と言ってくれる。
「それはよかった。作るの簡単だよ。裏ごしある?」
「裏ごしって、どんなの?」
「ケーキ作る入れ物みたいなので底がアミになっててさ」というと
「あ、」と言ってあけた引き出しに裏ごしがあった。

ママは忙しいのにクッキーやケーキも焼くらしい。
いまどきの共働きのお母さん、偉いなあ。

裏ごしが有れば出来る、と言ったのを忘れていない。
メモを持ってきたはーちゃん、
「作り方教えて!」
字が書けるから、口述筆記をする。
書き終わったとき、
うつむいて何かぶつぶつ言ってる。
どうしたの?と聞くと
「今食べたい。おばあちゃん、作って欲しいな、お願い」
とせがまれてしまった。

そういわれて・・・なんだろう、どきどきしてバレンタインなんか関係ないんだけど、
初恋とかも違うなあ、とにかくトキメキ、みたいなそんなうきうき感でこころがほかほかした。
「待ってて」と言い置いて
車を飛ばしてスーパーに行き、サツマイモと栗の甘露煮を買って帰宅。

さて、これからはーちゃんと楽しく手わけして栗きんとん作りにとりかかります。
裏ごしするとお芋が消えちゃうのを見たときに目を真ん丸くしたり、
裏につららになってくっついてるお芋をお皿にかきとる時の一生懸命の表情、
味見して
うふふ、と言ったときの顔をみて
「幸せだなあ~♪」
孫に慕われるって
ほんと幸せです。
トラックバックURL : https://mamijohnta.exblog.jp/tb/15356729
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jmtravolta_johnta | 2012-01-31 17:27 | 日常 | Trackback | Comments(0)