人気ブログランキング |

モニターやるから貸してください

111217
普段家にいる日は散らかっていても埃がたまっていても
よほどじゃない限りあまり気にならないが、
出かけて帰宅したときにきちんと片付いて埃のない状態じゃないとどっと疲れが出る。
だから出かける前は掃除に忙しいことが多い。

娘は「だったらルンバを買えばいいじゃない」と言う。
話題になっているお掃除ロボットのことだ。
話を聞いてるとなかなかよさ気だけど、
こういうものは実際に使って見た人の話を聞く、あるいは試しに使ってみないと分からない。

安いもの、消耗品、の類はともかく何年も使うはずのものは自分のライフスタイル、環境、体格で使い勝手が変わってくると思う。
そうそう迂闊に買っちゃえません。
「レンタルルンバ」があればいいと思うのですが。
(既にそういう商売やってるところがあるそうですが・・・)

よく思い出すのは35年前の11月の終わりごろのことです。
冷たい雨の夕刻、まだ暖房を出しそびれていて、
コロンコロンに厚着して旦那さんの帰りを待っていたときでした。
二人目がお腹にいて、もうだるまさんが転んだ状態の体形でしたね(^^)
突然玄関に来客?と思ったら近所の電気屋さんが
何か柱状のものを抱えて二人かかりでの訪問でした。

「奥さん、突然すみません、ちょっとこれ、敷かせてもらえますか?
ホットカーペットっていうんですが、邪魔にならないはずですし、
とりあえず、一週間使ってみてください。黙って引き取りに伺いますので」
というのが
その頃まだ普及していなかったホットカーペットとの出会いだった。
電気製品の修理やなんやかやでお世話になっているご近所の電気屋さんのこと、
無碍に断るのもなんだかなあ、それにほんとに邪魔にならなさそうだし、
汚しても構わないって言ってるし、無理やり買わせる気はないらしいしと
気軽に考えたのだった。

で、結論。
あったかいし場所は取らないし、小さな子供がいても安全安心で、
とても気に入ってしまい、一週間待つことなく新品を購入に至ったのだった。

こういうお試し商法って商品に自信がないと出来ないと思うけれど、
結構、効果あるはず。
高価なものは特にそうだ。

例えばキャノンなど
モニター制度があって交換レンズなど抽選で借りられたりするけれど
結局借りて使ったら欲しくなって買ってしまう。
私がコニカミノルタからキャノンに
変えたのは
メーカーの主催ではない、ある撮影実習のとき、持参のコニカミノルタのα7が電池切れで
途方にくれているとき係りの人が自分のカメラを貸してくれて
それがキャノンのkissx4。
これがうっそーと思ってしまうくらい綺麗に撮れて、
腕が上がったような気がしてしまった。
それもそのはず、私のコニカミノルタはデジタル一眼レフでも
既に型が古くなっていて
日進月歩のこういうものは既に時代遅れだったのだ。
その後迷うことなく
キャノンに乗り換え、今に至る。
綺麗に撮れてもそれは当たり前なので
被写体、構成、画像処理で知恵を絞らなくてはいけない時代、
これはこれで結構難しい。

話を戻すと
ルンバでもサイクロンでも一回使わせて欲しいなあ、掃除機・・・・と思う今日この頃です


トラックバックURL : https://mamijohnta.exblog.jp/tb/15122499
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jmtravolta_johnta | 2011-12-17 10:06 | 日常 | Trackback | Comments(0)