馬頭観音でのお祭り

毎年2月19日,東松山市上岡の馬頭観音では絵馬市が開催される。
去年に続いて今年もお手伝いで参加した。
穏やかな日和の土曜日で、人出で賑わった。
この神岡観音の絵馬市は江戸時代に遡る由緒あるお祭りらしい。
馬が労働力として農耕作業を支えていた時代の名残で
境内に立ち並ぶ様々な露天のなかに、
農耕の道具や刃物類、竹細工などが目を引く。

d0207297_13124949.jpg

写真は去年のものだが
W乗馬クラブから「出張」してきたポルカ号が御神馬の役どころを務めるべく準備中の様子。
他に春ちゃん、モコちゃん、メッシャーの計四頭が馬の代表役を担い、お払いをしてもらうのである。
私は春ちゃんの横に付かせてもらったので年甲斐もなくおお張り切り。
春ちゃんが花火の音でじたばたすることは予測がついていたので
ポケット一杯に詰め込んだにんじんを小出しにしてなんとか事なきを得た。

花火のシーンを再現すると・・・「(パンパン!!)わ、わ、わナンだ、怖い怖い、(じたばたじたばた)、え?にんじん?むしゃむしゃ(怖さ忘れてる)」
の繰り返しだったのだ。しかし人混みはわりと平気だったし、幟が目の前ではためいていても大丈夫だったのでほっとした。
d0207297_829750.jpg

この写真は東松山市の広報誌の表紙を飾ったものを拝借。(去年撮影されたもので私も帽子がちょこっと映っている)

実はこの馬達、もともとここの馬頭観音で暮らしていたので、いわば里帰り。
一緒に来ていた老ワンコのごえちゃんは
体中で「懐かしい~、嬉しい~」を表現し、境内をすたすた歩き回る。
私は
「馬に感謝し、亡くなった馬の供養をし延いては生きとし生けるものの幸を願う」というこのお祭が好きだ。
孫達が来れればもっと嬉しいのだけど
by jmtravolta_johnta | 2011-02-20 13:07 | | Comments(0)

普通の毎日がありがたい・・・


by じょんたのおばあちゃん