2011 初レッスン

4日前に書いた新馬のKちゃん(以後カンちゃん)、今日見たら馬房でちゃんと立って餌を食べていた。
顔を近づけるとこちらに目線をくれる。
4日前とぜ~んぜん違うっ!元気になったっ!
私の馬ではないのだけれど、
なぜが目頭が熱くなるのです。

お昼ごろ様子を見ていたMさんがカンちゃんに無口をつけて馬場に出したら
最初足取りが重かったけれど、
ふ~らふ~ら歩き出した。
今日は朝から北風が吹いてたけど、
馬房の中と違って日差しにあたるのは気持いいのでは・・・
と見ていた。
馬場を3周歩いたらしい。
どんどん元気になってくれることで
あまり関係ない私も元気になるようでなんだか不思議。

ところで今日のレッスン。
ぱっちゃんは昨日レッスンで反抗したらしい。
Mさんが乗り変わっても言うこと聞かなかったって・・・(^^;)
そんな状態で、大丈夫か私(汗)
それにMさん、顔は笑ってるけど心は鬼になってます。(笑)
いつもならレッスン前に「最初、ちょっと動かしますね」
と馬の有り余るエネルギーを抜いてくれるのだが、
今日はそれも無し(こわ~)

だけど。
そこは「お転婆」「やぶれかぶれ」「出たとこ勝負」と異名を持つじょんたのおばあちゃん、
観念して乗った。
案のじょうKの隅角あたりから中へ切れ込む。
Mさん、「はい、やり直し」。
何度も隅角通過、できるまでやって、出来たところで褒める。
すると馬がだんだん御し易くなってくるではないか!!
そっかー、私ってレッスンしてもらってるけど馬の調教も同時にやらせてもらってるんだ、と
うるうるしてくる。
そ、感動しやすくて困っちゃうのです。

だけど・・・途中でまた反抗が入っちゃった。
ずるずる後ろに下がろうとするぱっちゃん。
「怖いから降ろしてください」の顔でMさんを見たけど
当然取り合ってもらえない。
「馬が試してます。手綱緩めてキャク!!」
ええい仕方ない!従うしかない・・・
馬はじたばた後ろへ下がろうとするが、負けずに前へ行け!と指示を送る。
これはいかに馬に負けてないかという強い気持が示せるかどうかにかかってるのだ(と後でしみじみわかる)
でね、ぱっちゃんのいいところって、
反抗するかもしれないけど、
人間に悪意を持っていないところ。
これって大事ですよ。
結局MTさんが丁寧に指示してくれる通りしてたらなんとか言うことをきいてくれて、
あとはスムーズでした。
レッスン終了時にはまたまた愛着が募るのを感じました。
ありがとう、ぱっちゃん。053.gif

写真は緊張感ゼロのToy君(実名出しちゃうよ)
馬房から殆どはみ出して寝転んでる姿が可愛くて、可笑しくて皆で大笑い。
カメラ目線のこの子、実は頭いいんです。
d0207297_2041775.jpg

by jmtravolta_johnta | 2011-01-07 20:20 | | Comments(0)

普通の毎日がありがたい・・・


by じょんたのおばあちゃん